写真撮影をする際のカメラ機能「測光方式」について


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

思い出ラボ あめみやです。

この写真の中で、あなたはどの写真が好きですか?
花写真AiAE

花写真スポット

花写真中央部重点

3枚とも同じ場所で、同じカメラで撮影しました。
変えたのは、測光方式です。
それもカメラについている測光方式の
AiAE・・・・・・メーカによって名前は違いますが、カメラが被写体を判断して、露出を決めてくれます。

スポット・・・・中央の1点に露出を合わせます。

中央部重点・・・中央付近の露出に合わせます。

被写体によって、変わってきますが、今回はAiと中央部重点は、あまり変わらない露出になってしまいました。スポットは中央1点の露出に合わせますので、カメラの向きを少し変えるだけで、露出がまったく違ってきます。
今回の花ですと、他の2枚は中央の花の露出がオーバーなので花びらの境がわかりにくいです。
スポット測光は、花びらは1枚1枚出ていますが、全体に少し暗くなってしまいました。
スポット測光は、自分の撮影したい被写体に露出が合いますので、自分の希望する写真が撮影できますが、全体に暗くなったり明るくなったりしてしまいます。
次回もう少し違いがわかるように撮影してみます。
測光方式を変えるだけでも、自分の望んでいる写真が撮影できるようになることもあります。いろいろ試してみましょう。

簡単押すだけのカメラも、いろいろな機能が付いています。私のカメラについている機能ですが、いろいろ使ってご紹介しようと思います。

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク