小江戸佐原の町めぐりにて、街並みを写真撮影


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

思い出ラボ あめみやです。

小江戸佐原の町めぐり

佐原には、香取神宮があります。香取神宮は江戸時代には、伊勢神宮・鹿島神宮と並び日本三大神宮と言われていた、格式の高い神宮です。
江戸まさり、佐原の大祭と言われる重要無形民俗文化財に指定されている、夏祭りと秋祭りがあり、たくさんの勇壮豪華な山車が出る有名なお祭りがあります。

原の街並み 観光の船
酒蔵 焼印

佐原にはもう一つ、日本で初めて実測による全国地図を作った、伊能忠敬の記念館・旧宅などもあります。
江戸時代、佐原の町を流れる小野川両岸と周辺には河岸問屋や醸造などの商工業者が軒を連ねていたそうで、現在も隆盛を極めた当時を彷彿させる古い商家が立ち並び「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

あやめ祭りの水生植物園からシャトルバスで、佐原の町に戻って来ました。
小江戸佐原の街並みをゆっくり写真撮影したかったのですが、帰りの特急の時間まで2時間ほどしかありません・・駈足での街並み見物になりました。
佐原の町の中心を流れる小野川には観光の船がたくさん行き来していました。
町全体で「佐原まちぐるみ博物館」として古い町並みや江戸時代から使われていた道具などを展示・保存しようとしています。
お店に入りますと商品が並んでいますが、その奥には江戸から明治時代に使われていた道具やレコードなどが展示されています。
また外観は古い商家ですが中はおしゃれなレストランになっていて、中庭には古い蔵が一緒にあり工夫を凝らして、展示と商売をされていました。
町の中に酒蔵が何軒かあり1軒は見学も無料ででき、試飲もできました。
今回は電車で来ていますから試飲OK!です。
この写真の長い棒の先に文字が刻印されているのは焼印です。もう1軒の酒蔵で展示していました。一斗樽などへ焼き印を押すのに使われていたようです。
ドラマのロケ地としても使われています。2013年の東京バンドワゴンにも使われ、看板はそのまま残っていました。
伊能忠敬記念館も見学したかったのですが、2時間ではとてもそこまでは見学できませんでした。JRで来ると、時刻表を気にしながらの散策になり時間が気になってしまいますね。
車ですと自由が利きますが、試飲や帰りの特急でビール!などができないです。
どちらが良いか、迷いますね。でも、次回はゆっくり見学したいので、車で行きたいと思いました。

佐原駅 ものづくり博物館 まちぐるみ博物館 展示と商売

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク