ハワイ諸島カウアイ島のナ・パリ・コーストトレッキング編


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

ナ・パリ・コースト トレッキング編

ハワイ諸島カウアイ島のナ・パリ・コースト。
海からその絶景を眺めたら、次は実際にその山を歩いてみましょう。

海から見ると、とても登れそうにないように見えますが、実はトレッキングコースがあるのです。
全コースを踏破するには数日かかりますが、途中までなら日帰りで往復できます。

ハイウエイの終点ケエ・ビーチで車を降りたらトレッキング開始。

ケエビーチ カララウトレイル

ゆっくり登って行くと、先ほど車を止めたビーチが遥か下の方に見えるようになります。
青い海と空を眺め、爽やかな風に吹かれながらのトレッキングはとても気持ちが良いものです。足元に目をやると、日本でもよく見かける植物のランタナやアイビーが巨大に成長していることに驚かされます。
道が崖の際につけられている所もあり、端からそっと下を覗くと一気に海まで落ちているのがわかります。怖そうに思えますが普通に歩いていれば危険はありませんのでご安心を。

カララウトレイル カララウトレイル

風景を楽しみながら歩いていくと、道は下り坂となり小さな川に出合います。ロープや石を伝いながら川を渡り、しばらく行くと折り返し地点のハナカピアイビーチに到着。歩くことでしか行けないビーチには特別な存在感があります。
打ち寄せる波はとても大きく、泳ぐことはできません。なかにはこの波の中に飛び込むツワモノもいますが遊泳禁止なので危ないです。ビーチには天然のラグーンがありますからそこで楽しむのがいいでしょう。

カララウトレイル カララウトレイル
カララウトレイル カララウトレイル

木陰でお弁当を広げていると、鮮やかな色の野鳥やカウアイ島名物の野生のニワトリがおすそ分けを期待してやってきます。
鳥たちとランチを楽しみ、海を眺めながらしばらく休憩したら引き返します。

同じ道を歩くのですが、行きと帰りでは景色が違って見えます。すれ違う人とあいさつを交わしながらのんびりと下って行けば、出発地のケエ・ビーチに到着です。

余談ですが、川の水を飲むのは危険です。喉が渇いているとつい飲みたくなりますが、野生のドブネズミなどの尿に含まれる細菌が流れ込んでいるとのこと。うっかり飲んでしまうと発熱などの症状が出て辛い思いをすることもあるそうです。
トレッキングをする際は十分な水の用意を忘れずに。

カララウトレイル カララウトレイル
カララウトレイル カララウトレイル

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク