東京都北区志茂にある岩淵水門に行ってきました。


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

岩淵水門に行ってきました。

岩淵水門を検索しますとこのようです。
岩淵水門(いわぶちすいもん)は、東京都北区志茂において現在の荒川と隅田川とを仕切る水門。
かつて「荒川放水路」と呼ばれた人工河川を現在は荒川と呼び、かつての荒川を「隅田川」と呼ぶ。この水門はこれらの分岐点にある。
1924年(大正13年)竣工の旧水門(通称:赤水門。運用終了)と1982年(昭和57年)竣工の新水門(通称:青水門。運用中)の2つが存在する。
荒川上流からの流量が増えた場合岩淵水門を閉め切って、隅田川の洪水を防ぐために設けられている。
平常時は水門を開け、荒川と新河岸川・隅田川とをつないでいる。引き潮時には荒川から隅田川に、上げ潮時には隅田川から荒川に流れる。
最初に行ったのは、岩淵水門から新河岸川の少し上流にある水上バス東京水辺ライン小豆沢のりばです。
水上バスの一番上流の乗り場です。
ここから隅田川・荒川を20km以上クルージングしてお台場などベイエリアまで行くことが出来ます。
途中水上バスからスカイツリーなども見えます。春には満開の桜を川側から見ることも出来ます。
一度乗ってゆったりとクルージングを楽しみたいと思いました。

そこから少し川に沿って行くと、今日の目的地、岩淵水門が見えてきました。
まわりの公園にはBBQを楽しむグループがたくさん来ていました。

水上バスのりば 岩淵水門

東京水辺ライン小豆沢のりば

川の向こう側は埼玉県の川口市です。高層マンションが立ち並んでいます。
水門の前にあるポールには今までに起きた大水の時の水位が書かれています。
ここまで水位が上がるとBBQエリアはもちろんこの写真を撮影している場所も水の中です。
荒川の堤防は反対側で写真には写っていませんがまだ余裕があるようでした。都心を守ってくれています。
水門のすぐそばに荒川知水資料館がありましたので見学しました。
昔の荒川(今の隅田川)は何回も洪水がおきました。
明治43年の大洪水で大きな被害が出ました。それを契機に荒川放水路の計画が出来たそうです。

荒川放水路は川幅も広く21kmもある大きな川です大変な工事だったと思います。
明治時代はまだ田畑が多かったので出来たのでしょうが、現在ではビルが立ち並んでいるエリアです。
とてもこのような大工事は無理だと思いました。
江戸時代にも荒川の洪水から江戸も町を被害から防ぐために日本堤などが作られた歴史もあります。
荒川放水路ができ、岩淵水門が出来てからの現在の荒川は、河川敷も広くゆったりしてとても良いところです。
岩淵水門の近くは写真撮影や釣りをしている人、BBQするグループ、ランニングや自転車競技の練習をしている人もたくさんいます。
少しはなれたところではサッカーの試合もしていました。
手前の赤い水門が旧水門(赤水門)で現在は使われていません。
後ろが青水門と呼ばれている現在の水門です。
1982年に青水門が作られてから台風や大雨で荒川の水位があがり都心を洪水から防ぐために水門を閉めたのはわずか3回だそうです。

岩淵水門 青水門

夕方になってきたので、夕焼けの写真を撮影して帰りました。
夕日の赤水門です。

夕日の赤水門 夕日の赤水門

夕日

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク