ブルーレイレコーダーの記録をパソコンで再生できるDVDに


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

DVDのビデオモード・VRモード CPRM

今回、友人にブルーレイレコーダーに記録しているビデオカメラで撮影した子供の成長記録をパソコンで再生できるDVDにしてほしいと頼まれました。
自分でDVDへコピーしてもパソコンのDVDドライブでは反応してくれないと話しています。

ブルーレイレコーダーへDVDを挿入してレコーダーの指示に従ってダビングしたようです。
CPRM対応のDVDディスクにVRモードでダビングしたのかと思います。
ブルーレイレコーダーでダビングを始めますといろいろ指示が出てきます。
その指示の中にはメーカーによってVR・ビデオとかハイビジョン画質で録画・DVD画質で録画などいろいろな表示があります。
その中から自分が希望する録画方式を指定する指示もあったと思いますが、なかなか区別できない方が多いと思います。
友人もハイビジョン画質の方が綺麗にダビングできると思ったようでハイビジョン画質でダビングしたようです。
友人のパソコンはビデオモード(DVD画質)でダビングしませんと再生できません。

画質の選択 タイトルダビング

(このブルーレイレコーダーのハイビジョン画質はAVCREC方式と言うまた別の録画方式でVR方式よりさらに再生できる機種が限られてしまう録画方式です。DVDレコーダーでは再生できない場合もあります。このレコーダーでダビング時にVR方式も指定できます)

ビデオモード・VRモード・AVCRECとはDVDへの録画方式の違いです。
簡単には、ビデオモードは市販のDVDソフトと同じ方式でファイナライズをしますとほとんどの機種で再生できます。
ビデオカメラの映像を保存するのに向いています。デジタル放送のテレビ番組などは録画できません。

VR方式はDVD・ブルーレイレコーダーなどで録画した地デジ・BSデジタル放送などのテレビ番組をコピーして保存できます。
VR方式に対応した再生機でないと再生して見ることが出来ません。
VR方式対応機種は現在販売されているDVD・ブルーレイレコーダーはもちろん対応していますが、再生専用のプレーヤーやパソコンでは対応していない機種が多いです。
ビデオモード・VRモードどちらでダビングしても、画質・音質に違いはありません。

AVCRECはブルーレイのフォーマットを応用し、DVDにデジタルハイビジョン映像を記録するための規格です。

ファイナライズとは、このDVDへはこれ以上録画しませんと、ピリオドを入れるような作業で、ファイナライズをするまでは追加の録画が出来ますがファイナライズをしますと追加録画は出来なくなります。
ファイナライズをするまでは自分のレコーダーでは見たり追加したり出来ますが他の機械では再生も録画も出来ません。
一度ファイナライズをしますと普通のDVD-Rでは解除は出来ません。
ファイナライズをしますと市販のDVDソフトと同じようにほとんどの機械で再生できるようになりますので、友人のパソコンでも再生できます。

よく録画用のDVDを購入しますとCPRM対応と書かれています。
CPRMとはDVDなどに採用されている著作権保護技術の一つです。
デジタル番組などDVD・ブルーレイレコーダーなどへ録画したものをDVDなどに保存する際一度だけ許可し、一度DVDへコピーした番組などを他のDVDなどへ再ダビングを禁じる「コピーワンス」を実現する方式です。
デジタル番組をデジタルコピーしますと画質の劣化が少ないです。何枚でもコピーできてしまうとDVDソフトなどが売れなくなってしまうためにできたものです。
最初はDVDレコーダーからも「コピーワンス」でDVDへ一度コピーするとレコーダーのデーターが消えてしまう移動だけでしたが、それではコピーに失敗したとき見ることも出来なくなってしまうため、最近はダビング10と言われるレコーダーからDVD・ブルーレイへ9回コピー・1回移動が出来る番組がほとんどになりました。
一部放送などでは従来の「コピーワンス」1回の移動しか出来ないものもありますので、その番組を自分ではDVDなどへコピー(この場合は移動になってしまいす)したつもりがレコーダーの録画がなくなってしまう!などがありますから、注意が必要です。有料放送などでたまにあります。

話がだいぶ横道にそれてしまいましたが、友人の場合は単純に操作を間違えただけですので、もう一度DVDをブルーレイレコーダーに入れてDVD画質でダビングしファイナライズをしました。無事パソコンで再生できました。
このときもレコーダーの機種により、ファイナライズを自動でしてくれる機種やダビング後にファイナライズをしますか?と指示が出る機種、まったく何もない機種がありますので注意してください。
デジタル放送をDVD画質でダビングしようとしてもレコーダーは受け付けてくれません。

お客様からのお問い合わせで、友人から頂いたDVDが再生できない、友人のDVDレコーダーなら再生できるのに?とのお問い合わせがあります。
ファイナライズをしていないことが多いです。ご友人もご自分のレコーダーで再生できるからこのまま渡しても大丈夫だとお思いのようですが、DVDを差し上げるときはファイナライズを確認してください。
DVDレコーダーのメーカーが同じですとファイナライズをしなくても他のレコーダーで再生できることもあります。
ブルーレイにはファイナライズはありませんのでご自分のレコーダーでブルーレイにコピーしたものをそのまま他のブルーレイレコーダーで再生・追加録画が可能です。

私でもよく迷ってしまうことがあります。ブルーレイのダビングでもコピーと移動、DVDはファイナライズが必要ですとか、使い慣れないと??な事がたくさん出てきてしまいす。

お客様のお持ちのDVD・ブルーディスクでご自分の機械で再生できないものをお持ちの方、DVD・ブルーレイへダビングの方法がおわかりにならないときは。少しはお力になれると思います、ご連絡ください。

思い出ラボでお客様の機械で再生・コピー・ダビングができないDVD・ブルーレイディスクを再生・コピー・ダビングできるようなDVD・ブルーレイへ変換ダビングできる場合もあります。お気軽にお電話でご相談ください。

思い出ラボ 雨宮 0120-0610-47

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク