清里の清泉寮に行ってまいりました。


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

清里 清泉寮

10月17日ポール・ラッシュ祭八ヶ岳カンティフェアーに行ってきました。
清泉寮はよく行きますがポール・ラッシュ祭には初めてです。
この日、東京は雨の予報でしたので行くのを少し迷いました。途中の中央高速で雨が激しくなりましたが、八ヶ岳に近づくと雨も上がり清泉寮に着くと少し青空も見ることが出来ました。

清泉寮 かぼちゃ

キープ協会のHPによりますとこのような説明です。
キープ協会の創設者、ポール・ラッシュ博士は、タバコとバーボンを愛したケンタッキー出身の小柄なアメリカ人。不屈のフロンティア精神と崇高なボランティア精神を発揮して、八ヶ岳南麓を拠点に戦後日本の復興と民主化にその生涯を捧げました。カンティフェア(カンティ=郡、フェア=お祭り)は古くからアメリカで広く行われている収穫感謝祭です。博士は、このお祭りを「明日への希望」を信じ、挑戦する人々を励ますために1954年に始めました。一時中断しましたが、1988年に博士来清50周年を記念して「ポール・ラッシュ祭~八ヶ岳カンティフェア~」として復活しました。博士が八ヶ岳の土になって36年。今年も、博士に感謝して、そして、私たちにもたらされる一年の収穫に感謝して、国境を超えた人と人の交流を深め、八ヶ岳南麓に暮らす人とここを愛する人の交流を深めるために開きます。

清里は駅前にはカラフルなショップがたくさんなあり、国道141号線よりには「萌木の村」があります、駅の反対側八ヶ岳の方、少し登と清泉寮があります。
清泉寮はソフトクリームが有名です。ジャジー牛からとれるジャジーミルクを使ったソフトクリームは濃厚でおいしいです。

その清泉寮で毎年開かれている収穫祭がポール・ラッシュ祭八ヶ岳カンティフェアーです。
地元の人を中心にいろいろなショップも出展しています。中にはポール・ラッシュ祭ためにアメリカのケンタキーから来日している鍛冶屋さんもいました。
鍛冶屋さんに手伝ってもらい鉄でアクセサリーを作る体験も出来ます。

鍛冶屋さん

食べ物を販売するショップも多いですが、みな地元の方を中心に地元で取れた野菜・肉などの料理を提供しています。大都市の祭りの食べ物屋とは違います。
やはりエコを心がけているフェアーなので、食事用の食器は持参が基本です。
お客さんもなれているのか、朝から来てシートを広げる人・小さなテントを張りそこで家族・グループで持参の食器などを使い食事をしてイベントを楽しんでいます。
食器を持っていない人用には貸し出し食器を使います。食事を購入するとき100円のデポジットを支払い食器に入れてもらい食事が終わったら返却用のテントで返却しますと100円を戻してくれます。

トラクター パレード

清泉寮ならではのトラクターのパレードです。
いろいろな形のトラクターが本当は収穫した野菜や牧草を運ぶ台車に人を乗せてパレードしていました。

緑のトラクター 木の彫刻

一日中いても楽しめるポール・ラッシュ祭でした。
帰りに八ヶ岳倶楽部へよるので清泉寮より八ヶ岳側の道を走りました。

紅葉と橋

紅葉が綺麗でした。

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク