カビは、ビデオテープの大敵です!思い出ラボ 雨宮


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

思い出ラボ あめみやです。

今日のお客様のビデオテープは、すごいカビでした。
カビのあるテープは、たまにお受けしますが今日のようにすごいのは初めてです。
カビは、ビデオテープの大敵です。知らずにビデオデッキで再生すると、ビデオデッキを壊してしまうこともあります。特に録画面にカビがあると、ビデオデッキに挿入した瞬間に再生ができなくなり、無理をするとデッキが壊れます。今日のテープは一部録画面にもカビがあり、それを綺麗にしないとビデオデッキを壊してしまうので、慎重にカビをとりました。
幸いダビングも綺麗にでき、ビデオデッキも壊れませんでした。ほっとしました。

ビデオテープかび

もう1本は、8ミリビデオテープです。
8ミリビデオテープは、VHSやベータテープに比べて薄いので、とても切れやすいデリケートなビデオテープです。
今回は、テープが最後になっていたので、巻き戻しを始めたところ、カウンターがすぐに止まってしまったので、嫌な予感がしたのですが、テープを出してみますと、切れていました。
分解して繋げようとしたところ、テープとリールが癒着していました。
癒着はピンポイントですが、テープが薄いのでリール1回転ことに、数回転分張り付いています、かなりの長さでダメになってしまったり、縦にさけてしまいます。今回も縦にさけました。
今回は幸い録画されていない部分だったのでよかったですが、録画されていると、数分間分がダビングできなくなってしまいます。

ビデオテープ切断

ビデオテープはデリケートなものです。早いうちにDVDやブルーレイディスクに変換して保存されることを強くお勧めします。二度と撮影できない大切な想い出ですから・・

私の想い出は、今回もまた、富士山の写真です。
今回は宝永山火口の方から富士山を撮影していたとき、富士山頂から伊豆に向かって噴煙のような細長い雲が出てきました、ちょっと不気味なくらいに細くて長い雲でした。大地震でも起きるのではないかと思ってしまいましたが、無事でした。昨年12月14日です。

富士山から細長い雲

山中湖からの日没です。12月は富士山頂のだいぶ左側宝永山近くに日が沈みます。それから少しずつ右に移動して、2月中旬に山頂に沈んで、ダイヤモンド富士になります。同じ山中湖でも湖の右側と左側では、ダイヤモンド富士になる日にちはだいぶ違います。

山中湖からの日没

もう1枚は今回の連休中の久里浜越しの富士山です。
写真では、ちょっと霞んでしまいましたが、綺麗に見えていました。

久里浜越しの富士山

富士山ばかりでごめんなさい。次回は別の想い出写真探します。

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク