小田原と箱根の紅葉 小田原編


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

小田原と箱根の紅葉 小田原編

初日は天気が悪い予報でしたので、小田原経由で行くことにしました。
小田原は伊豆方面へ行くときも箱稲方面へ行くときもいつも通りすぎてしまいほとんど寄った事がありませんでした。「小田原宿なりわい交流館」により案内図などの資料を貰おうとしたところ、無料で町並みを案内してくれるガイドツアーがあるとの事で、お願いしました。
ボランティアの地元のご年配の方が案内してくれました。時間もコースも希望に沿ってくれるそうです。私たちは特に希望がないと言うか基本知識もないのでお任せでお願いしました。歩いてですので、交流館の近くを案内してもらいました。

小田原宿なりわい交流館 

交流館の建物・竹の垣根の説明などをしていただき次に徳常院の大仏を観に行きました。
途中の建物や小さな祠の説明、祠や神様・仏様の写真は正面から撮らないで少しずらして撮影した方が良いですとか、いろいろ話して頂きながら徳常院に着きました。徳常院で大仏の細かい説明をしてくださいました。
大仏と言っても奈良や鎌倉大仏のようにすごく大きい仏像ではありませんが立派な仏像です。
お寺の方に言ってくださり以前この大仏が芦ノ湖畔にあったころ、アメリカの新聞に掲載された貴重な写真のコピーをもらってくださりとても親切な対応でした。
大仏の写真も教えてもらったように少し斜めから撮影しました。

大仏

そのあといくつか案内して頂き、最後に交流館近くの松原神社に行きました。とても古い神社だそうです。
そこでも鳥居の反り増しがあるかないかの違い、神仏習合・神仏分離によっていくつかの形になった理由を説明してくださり、神社本殿の屋根の作り方で男の神様・女の神様どちらをお祀りしているかの見分け方などいろいろ教えて頂きました。
ちょうど七五三のお参りにご家族で来ている方もいらっしゃいました。

松原神社 松原神社の本堂

時間は良く見ていませんでしたが1時間半くらい案内してもらったと思います。
案内してくださった方の知識が豊富でとても楽しかったです。
小田原に行かれましたら、是非交流館のガイドツアーに参加されることをお勧めします。ガイドブックには書いてないようなことをいろいろ話してくださり本当におもしろいです。

小田原ちょうちん" 小田原ちょうちんベンチ

交流館では小田原ちょうちんを作る講座もあるみたいです。
小田原ちょうちん型ベンチです。交流館にありました。

このあと街かど博物館になっている梅干屋さんへ行ってみました、普通のお店と梅の古漬や梅干の種で作られた小田原宿の町並みなどが展示されていました、古漬には明治元年のものもありました。

梅干屋 梅干し 小田原宿

梅干屋さんから小田原城に向かいましたが・・

ういろう屋

これはお城ではありません、「ういろう」屋さんです、「ういろう」は元々薬として販売されていましたので中に入りますと半分は薬屋さんです、普通食べているのはお菓子「ういろう」と書かれて販売されて、薬の「ういろう」も別に販売しているようです。

小田原の小学校 小学校札

これもお城ではありません、市立の小学校です。
とても立派な小学校です。

小田原城 小田原城門

この門は小田原城の本当の門です。
今、この銅門内部を公開していましたので見学しました、太い張で出来ている立派なものです。少し前のテレビドラマ天皇の料理番でこの門でのロケがあったそうです。
残念ながら小田原城天守閣は工事中でした。

小田原に見所が多いのに驚きました。まだほんの一部しか見ていませんが、かなり時間をかけてしまいました。このあと箱根まで行きますのでお城見学は天守閣工事が終わってからと言うことにして箱根に向かいました。

箱根編は次回ブログで・・

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク