神田明神に行って参りました。


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

神田明神の絵馬

神田明神に行ってきました。
御茶ノ水駅近くにある江戸三大祭・日本三大祭の神田祭が有名な神社です。
正式名称「神田神社」です。

ネットで検索しますと
江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。
江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。

そして今もなお、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様として、江戸の素晴らしき伝統文化を保ちつつ、それでいて絶え間なく発展と創造を繰り返す、この東京都心をお守りいただいております。
神田明神の氏子町である東京108の町は、江戸と東京の生活や文化が凝縮された町々です。

 神田―元祖下町、江戸っ子たちの血を受け継ぐ町々
 日本橋―老舗が集まる江戸の衣食住の文化を伝える町々
 秋葉原―世界が注目する最先端のITの宝庫、またサブカルチャーの街々
 大手・丸の内―日本を代表する大企業がひしめくビジネスマンの街々
 旧神田市場(大田市場)・築地魚河岸市場という江戸東京人の食を支える続ける市場

伝統と創造を併せ持つ、これらの町々を常に見守り続ける明神様。
そんな明神様を慕い敬う参拝者で、境内は毎日賑わいを見せております。
(神田明神 宮司挨拶より)

神田明神 神田神社

神田神社 神殿 恵比寿さま 神田神社

建物も立派な神社です。

神馬・神幸号 

大黒様の像があり神馬・神幸号(みゆき号と読むようです)がいるのは普通の神社だと思いましたが・・
絵馬の奉納しているところを見てびっくり!

絵馬 痛絵馬

痛絵馬2 沢山の絵馬

中には普通の絵馬に本来のお願い事が書かれている絵馬もありましたが、圧倒的に多いのはアニメ・キャラクターの書かれている絵馬です。すごい数の絵馬が奉納されていました。
神田祭の文字が入っているものもありますが、自分で書いている絵馬もたくさんありました。
たしかに神田明神から歩いてすぐのところには秋葉原があります、オタク文化は神田明神も飲み込んでしまっているかのようでした。
このアニメ・キャラクターの描かれている絵馬を痛絵馬(イタエマ)と言うそうです。
神田明神で絵馬を購入して近くのコーヒーショップなどで裏に自分のオリジナルキャラクターなどを書き、それを奉納するようです。さすがオタクの聖地秋葉原です。

痛絵馬を検索してみますと、痛絵馬とは「痛い絵馬」の略(ここでいう痛いとは肉体的な痛みのことでなく、「恥ずかしい」「情けない」といった意味になる。具体的にはキャラクターが描かれていたり、キャラクターの口癖や語尾を願い事に絡めたものを指して痛絵馬という。他に、2ちゃん用語やニコニコ動画の書き込みに見られるようなフレーズ、語尾を願い事に絡めて書いたものなどがある・・という意味だそうです。ネットで調べて見ますと神田明神ではfacebook twitter LineページもありますしLINEスタンプまで販売していました。
1300年の歴史ある神社も今の流れに乗ることを忘れていないようです。

お茶の水駅工事 御茶ノ水駅

今、御茶ノ水駅は工事中です、神田川の上に大きな足場を作り工事をしています。
この古いホームも近いうちに綺麗な新しいホームと駅舎に生まれ変わるようです。
神田明神のお土産に神社の鳳凰殿で竹とんぼを販売していたので購入しました。
このようなものもまだ残っている神田明神でした。

竹とんぼ

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク