東京マラソンにボランティアで参加しました。


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

東京マラソン

2月28日の東京マラソンにボランティアで参加しました。
初めての参加です。スタート地点の給水です。

給水場 ボランティア

給水のボランティアはスポンサーが提供してくれた水とアミノバリューをボトルから紙コップに入れてランナーに提供します。スタート地点のすぐ裏ですのでランナーは走っているのではなくスタート準備中に提供です。かなりの人数のランナーに提供しました。
この地点の給水活動はマラソンのスタートまでですのでスタート前に終了して今度は応援をしてくださいと声がかかりました。給水テントはコースと反対向きですので給水中はコースを見ることは出来ませんが、給水活動は終わっていますので特等席での応援になりました。

東京マラソン 東京マラソン2

車椅子ランナーがスタートのあと招待選手を先頭にマラソンがスタートしました。
最初のうちは渋滞状態、ほとんど歩き状態でスタート地点まで移動して徐々にスタートですが、ランナーの方はそれまで寒さ対策で着ていた合羽や防寒着をどんどん投げてきます。ランナーの方は靴に付けているタグがスタートラインを通過すると自分のカウントが始まるので不公平はないようです。
30分ほどかかったでしょうか?最後のランナーがスタートをしたあとは、ランナーの方が投げいった防寒着や紙吹雪でまかれてハート型の紙片など路上の掃除がボランティアの仕事です。

東京マラソン3 ボランティア

防寒着で大きなビニール袋がどんどんいっぱいになっていきました。
われわれの仕事はこれで終了です。記念にこのウインドブレーカーと帽子をもらえます。給水のボランティアは青いウインドブレーカーです。帽子は全員黄色でした。

ウインドブレーカーを一番上に着てボランティア活動をしますので、防寒着はウインドブレーカーの下に着ます、朝早くからのボランティア活動なので寒いかと思いウインドブレーカーの下に防寒着を重ね着していましたがマラソン当日はこの季節としては気温も上がりだんだん暑くなってきてしまいました。

このあとゴールを見たいので有明ビックサイトに移動しました。
こちらも大勢の人が来ていました。
駅からビックサイトの間では東京味わいフェスタも開催されていて飲食販売テントがたくさん出展していましたのでお昼を食べてゴール前に行きました。

東京マラソンゴール 東京マラソンゴール2

トップクラスのランナーはもうゴールしていました。観覧席も満席で入場待ち、さいわい5分ほどで観覧席に入れゴールまで50mラインと100mラインの中間くらいに座れました。
会場で配っていた応援用のたたくと音の出るバルーンで応援です。

東京マラソン応援 和太鼓 御神輿 消防艇

向かい側の放送ブース近くでは太鼓を演奏しています、少し離れた所ではお神輿が出たりしています。海には消防艇が放水して応援しているようです。
友人もランナーで参加していましたので、そのゴールを見ていました、ちょうど4時間くらいでゴール、頑張っていました。
私たちも友人のゴールを見て帰ることにしました。

観覧席の裏手にも飲食のテントがたくさんあり、子供用の参加型アトラクションもいろいろあり、家族で一日楽しめるように工夫されています。警備もいろいろ工夫があるようで、セコムの飛行船に監視カメラが搭載され空から警備をしています。
今回飛んでいるところは見ませんでしたがテレビでも話題になっている不法なドローンをキャッチするドローンは観客でも見えるところで待機していました。

飛行船 ドローン

前日にボランティアの説明会がビックサイトであり参加、マラソン当日もスタート地点ボランティアなので朝6時半から参加、丸二日間の参加です。とても楽しかったです。
マラソン42km走るのはなかなか大変ですがボランティア参加もとても楽しいので来年も参加できればと思っています。

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク