ビデオダビングしたDVDの簡単編集


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

ビデオダビングしたDVDの簡単編集

VHS・8ミリビデオ・miniDVテープなどからDVD・ブルーレイへのダビングをしますと、
どうしても撮影ミスや電源の切り忘れなどで余分な撮影をしてしまうことがあります。
歩いているときに地面を長時間撮影してしまっているテープ、バックやケースに撮影状態のまましまってしまい真っ暗な撮影のテープを良くお預かりします。

思い出ラボでは、元のVHS・miniDV・8ミリビデオテープなどからDVDへダビングする場合、直接テープからDVDへダビングするのではなく、元テープからハードディスクへダビングをし、そのあとDVDへコピーします。この作業には元テープを高速で再生することは出来ませんので60分は60分、120分は120分以上必要とします。このハードディスクへダビングした画像は確認できますので、思い出ラボではお客様がテレビでご覧になるときの早送り・飛ばし再生と同じように高速で再生しながら画像を確認しています。
この確認ですと、1・2分の短い余分な撮影カットは飛んでしまうのであまり確認できませんが、
5分10分と床を撮影したしまった・バックにしまってしまい真っ暗な画面を長く撮影してしまったものは確認できます。
夜空を撮影している・音が重要で画面は真っ暗状態で音を録音しているなどお客様のご指示がある場合を除き、概ね5分以上長時間の不要と思われる部分はカットしてダビングをするサービスを思い出ラボでは無料で行っています。
せっかくダビングが仕上がってテレビで見始めたところ床ばかり長く撮影している画面が続いてはがっかりですので、楽しい画面が中心になるようにお仕上げしています。

ただ、元テープは私どもが撮影したわけではないので、画像は綺麗に撮影されていますと、お客様にとっては本当に必要なのはこの人の映像で他のカットは必要ない。
ご自分のお子様中心の映像を集めたい。1本のテープにいろいろ撮影してしまったが旅行と運動会は別々のDVDにしたい。
逆に2本のテープに分かれて録画してしまったご旅行の映像だけを1枚のDVDへダビングしたいなどいろいろご希望があると思います。

残念ながら私どもではお客様のお子様がどの子なのか?ご旅行に一緒に行かれたのはどの方なのかがわかりませんので、お客様のご希望の様な編集はなかなか難しいのです。
ダビング中の編集は先ほどの様なスイッチを入れてまま床を長く撮影した、かばんの中を撮影してしまったなど、はっきり余分な撮影とわかるもの以外の編集・カットはお受付していません。
でも、せっかくの思い出ビデオです。お客様のご希望の様なDVDへ仕上げて皆さんでご覧になりたいですよね。

ここで思い出ラボよりのご提案です。

思い出ラボでお作りしているDVDは、DVD・ブルーレイレコーダーでも、ポータブルDVDプレーヤーでも、もちろんパソコンでも再生できるDVDビデオモードでお作りしています。
パソコンへ取り込んで編集できる方はもちろんその方法で編集してお気に入りのDVDに仕上げて頂ければ一番よいと思います。
パソコン編集なんて出来ない!とお考えのお客様はこの様な方法はどうでしょうか?
思い出ラボでお作りしたDVD、ほとんどのお客様はご自宅のテレビの下に置いてあるDVD・ブルーレイレコーダーでご覧になる方だと思います。テレビを録画した番組をDVDにコピーされた事がある方でしたら、その逆にDVDの画像をレコーダーにコピーしてみてください。

 

コピーの方法はDVD・ブルーレイレコーダーのメーカーによって違いますが、
まず、どのメーカーも通常は内蔵のハードディスク(HDD)にテレビ番組録画していますのでそれを再生しようとします。そこをDVDが再生できるようにしてください。たとえばドライブ切り替えボタンがあったり、HDD/BD(DVDも同じ)/SDの切替ボタンがあったりしますのでDVD(BD)へ合わせてください。そうしますと思い出ラボでダビングしたDVDを見ることが出来るようになります。

その後たとえば

東芝は編集ナビ⇒ダビング⇒ダビング先HDD
パナソニックはスタート⇒残す⇒詳細ダビング⇒元DVD・先HDD
ソニーはオプション⇒HDDへダビング

などと表示されますので指示に従って合わせます。ダビング(コピー)を開始します。

リモコン 編集画面 編集2

編集画面3 編集画像4 編集6

コピーが終わりましたらDVDをレコーダーから抜き取ります。
この後レコーダーへコピーした映像を編集します。
この時、編集で間違って必要な映像を削除してしまう様なミスをしても、今取り出した思い出ラボでお作りした元のDVDがあれば何回でもやり直しができるので安心して編集作業が出来ます。

今はDVDからHDDへコピーした画像を編集したいので、先ほどの逆DVDから画像がコピーされたHDDにドライブを変更します。
見るナビ・録画一覧など通常録画済のテレビ画像を選ぶ画面のなかに今ダビングしたDVDの画像が有るはずです。
それを選んでください。たぶん一番最後に録画した画像です。タイトルはまだ付いていないので今の日付などがタイトルになっていると思います。
編集作業もレコーダーのメーカーによって少し違ってきます。共通して言えることはまずチャプター編集・チャプターを作るなどの映像に切れ目を作る作業です。
編集画面で再生しながら、残したい部分と削除しても良い部分に切れ目を作るのです。
慣れてきますとコマ単位で切れ目を入れることが出来ますが、多少残っていてもテレビ画面は1秒間に30コマを映し出していますので、数コマ残っていても一瞬ですのであまり気にしなくても大丈夫ではないかと思います。チャプター編集もやり直しは何回でも出来ますし、追加も出来ますのでまずおおまか編集してみてはと思います。

編集6 編集7 編集8
チャプターが出来ましたら、不用な部分を削除します。これもレコーダーメーカーによって表示が違いますが、テレビ番組選ぶ画面でその中の今チャプターを作った映像を選びます。

東芝のレコーダーはモードボタンを押しますとチャプターに分かれて表示されます。
不用な画面に合わせてクイックメニューを押しますとチャプター削除がありますので削除します。

パナソニックはサブメニューにチャプター一覧がありますので選びますとチャプターに分かれて表示します。不用部分に合わせてもう一度サブメニューを選ぶとチャプター消去が出ますので削除します。

どのメーカーもこれの繰り返しになります。

不用部分を全て削除終わりましたら、タイトル名変更でご希望のタイトルを付けてください。
不用部分カットのみの編集でしたらこれで終わりです。
編集したレコーダーでご覧になるのでしたらこのままでも良いと思います。
他の機械でもご覧になる、保存版を作りたいときは、新しいDVDディスクを入れてください。
先ほどと同じようにまずダビングしたい画像をご覧になれるようにHDDにドライブを合わせ編集ナビやスタート画面などからダビングを選び実行します。
要領的には最初のDVD⇒HDDの逆にHDD⇒DVDになるだけです。
ただHDDは書き込んだり消したり出来ますのでやり直しが出来ますがDVDは書き込んでしまうと削除することは出来ませんので元のタイトルは間違わないようにしてください。

ダビングが終わりましたら確認のためドライブ切り替えなどでDVDを選び再生してみてください。DVDに今編集した画像が録画されているはずです。
最後にファイナライズ(これ以上録画しまぜん、と言うエンドマークです、ファイナライズをしませんと追加録画は出来ますが他のレコーダーやパソコンで再生出来ません)をして終わりです。
1枚のディスクを2枚に分ける・2枚のディスクを1枚にまとめる場合も同じですが、
タイトルごとのダビングではないので、サブメニューチャプター一覧やモードボタンを押してチャプター画面にします。その中からダビングしたい画面(チャプター)を選びダビングします。
複数の映像を選ぶことも可能です。

録画の順番を入れ替えたりも可能で、ご結婚式の映像などは録画の順番を入れ替えたりすると式場の全体・チャペル・披露宴・皆さんの声などバランスよく配置ができ、
記念の1枚にお仕上げ出来るのではないでしょうか。
2枚のディスクに分かれている画像を1枚のディスクにダビングする場合も同じようにチャップター画面からダビングしたい画面を選びダビングします。
続いて次のタイトルのダビングしたいチャプターを選んでダビングします。
ファイナライズをするまでは何回でも追加可能です。ブルーレイディスクへダビングする場合ファイナライズはありません。いつでも容量に空きがあれば追加できます。
他のブルーレイレコーダーで一度録画・ダビングしているディスクでも容量に空きがあれば追加ダビングできます。どのブルーレイレコーダーでも見ることが出来ます。

通常のDVD・ブルーレイへダビングした画像はDVD・ブルーレイディスクから削除は出来ません。(DVD-R BE-Rの場合)標準でDVDは120分 ブルーレイはダビングの画質によって6時間から10時間くらいダビングが可能です。

レコーダーのハードディス(HDD)は録画・削除が何回でも可能です。
編集に失敗しても思い出ラボでお作りして元DVDは消えることはないので何回でもやり直しが出来ます。

ご自宅にあるDVD・ブルーレイレコーダーのみで出来ます。難しいソフトを購入する必要もありません。思い出ラボでお作りした元のDVDに思い出の映像は残っています、難しく考えないで気軽にチャレンジしてみてください。
気に入ったDVDが出来るまでいろいろ試してみるのも楽しいのではないでしょうか!

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: お知らせ パーマリンク