ブルーレイディスクへのダビング


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

ブルーレイディスクへのダビング

最近はご自宅のレコーダーもブルーレイの機種が増えてきていますので、ダビングご依頼もブルーレイディスクへのご依頼が増えています。

思い出ラボでは基本料金がブルーレイディスクのメディアの方が高額な為100円高くさせて頂いています。DVD 基本料金280円 ブルーレイ 基本料金380円です。
ダビング料金はどちらも10分100円で同じです。

DVDへのダビング時は標準画質でダビングしますのでディスク1枚120分以下になります。4時間まで画質を落としますと1枚にダビング可能です。
ブルーレイは容量がDVDの5倍ほどになりますのでDVDと同じくらいの画質でダビングしますと約10時間録画できます。

思い出ラボでは、DVD標準と同じくらいの画質で10時間ダビングか、少しダビングレートを上げたブルーレイディスク1枚6時間ほど記録できる画質でのダビングをお受けいたします。
ただ、最近の映画のようにデジタルリメイクしているわけではないので元のVHSテープ・8ミリビデオの画質より良くなることはありません、どちらでダビングさせて頂いても大きく違うことはありません。ダビングですので画質は少し落ちますので高いレートでダビングした方が落ちも少なくなるか?と言う程度の違いです。

思い出ラボでは細かい編集はお受けしていませんが、ブルーレイディスク1枚に6~10時間録画できるということは、元のVHS・ベータ・8ミリテープ何本かを1枚のブルーレイディスクへダビング出来ると言う事です。お客様が1枚のディスクへまとめてテープ3本~6本分ダビングご希望がございましたら、おまとめ料金は無料でダビングさせて頂きます。

ここで問題が出てきてしまいます。ダビング録画の順番です。
撮影日が記録されていますと思い出ラボでもだいたい順番わかるのですが、記録されていませんと思い出ラボでは内容で判断することは無理です。順不同でダビングさせていただくか、1本1枚のディスクへダビングさせていただくことになります。
思い出ラボでお作りしましたブルーレイディスクの画像はご自宅のブルーレイレコーダーで簡単にハードディスクへコピーすることが出来ます。この画像はテレビ録画の画像のようにダビング回数が制限されているものではないので、一度ご自宅ブルーレイレコーダーへコピーして頂き不要な部分を簡単編集(前回のブログに書いた内容です)し正確な順番で新しいブルーレイディスクへダビングしていただくのも良いのではないでしょうか。

この時、もし編集やダビングに失敗しましても、思い出ラボでお作りした元のブルーレイディスクの画像が消えてしまうわけではなく残っていますので、何回でも作り直しができます。気楽な気持ちで編集ダビングを試してお気に入りのブルーレイ思いでディスクを作って頂けます。
日付の記録されているビデオテープ、miniDV(画面に表示されていなくても録画日記録されています)は思い出ラボで順番がわかるのですが、本数が多くなりますと間違えてしまうこともありますので10本以上の場合、順番そろえは出来ない場合もあります。

元のテープが10本以上の場合は、お客様の方でテープに番号を付けて頂き順番をご指定いただくか、同じ頃のテープ10本位をまとめてからお送りいただけますと、順番を間違えないでそろえやすくなります。

もう一つがタイトル印刷です。
DVDですと元テープ1~2本を1枚のディスクにダビングしていますのでタイトルと撮影日などを印刷できます。ブルーレイですと1枚のディスクに元テープ数本分をダビングできますので、全てのタイトルを印刷することは難しいです。

思い出ラボではお客様とご相談させて頂き撮影期間(例えば2000年3月5日~7月10日など)とメインのタイトル(お子様の名前とかご旅行でしたら見本のようにベルギー・オランダなど地名などを)を印刷させて頂きます。

文字を小さくしますと4行位のタイトルも印刷できますので少し細かく印刷することも出来ます。
ブルーレイディスクに複数本の元テープをダビングしたときには、ディスクには簡単に撮影日程度を印刷して、ケースをトールケースにし録画してある時期の写真や細かいデーターをプリントしてジャケットを作るのも良いと思います。

ブルーレイ タイトル ブルーレイ ダビング

DVDとブルーレイディスクへダビングには、それぞれ良いところがあります。
画質は先ほどご説明しましたように元テープ画質が基本になりますので、大きな違いはないと思います。
DVDへダビングさせていただいたときの最大の特徴は再生できる機械が多いところだと思います。思い出ラボでお作りするDVDは一番汎用性が多いDVDビデオフォーマットでお作りしますので、DVD・ブルーレイレコーダー、プレーヤーはもちろん、市販のDVDソフトが再生できるパソコン・ゲーム機・ポータブルプレイヤー・車に付いているDVDプレーヤーなどほとんどの機械で再生できます。ご自分だけでなくご家族やお友達と一種に見ることが出来ることです。弱点は一度お作りしたDVDへは容量が残っていても追加録画が出来ないことです。

ブルーレイディスクへのダビングでの特徴は、先ほどご説明したように容量が大きいので綺麗な画質で長時間録画できること、容量が残っていれば追加録画が出来ることです。追加ダビングも出来ますし、関連したテレビ番組なども録画できます。
弱点はブルーレイレコーダー・プレーヤー・ブルーレイが対応したパソコンなど再生できる機械が限られてしまうことです。

思い出ラボでお作りしたDVD・ブルーレイディスクは先ほどもご説明しましたようにご自宅のブルーレイレコーダーへ簡単にコピーできます。その画像を簡単編集してご希望の順番で録画されたディスクをお作りになり、タイトル・ケースのジャケット印刷も思いのままにお作りになれますので、お気に入りのディスクをお作りいただけます。もちろんコピーも出来ますのでご家族・お友達へプレゼントも出来ます。

思い出ラボでお作りしたDVDをブルーレイディスクへ逆にブルーレイディスクでお作りしたものをDVDへ再ダビングもご自宅のブルーレイレコーダーで出来ます。(手順は少し違ってきます。)
思い出ラボでお作りした元のディスクは消えることはありませんのでいろいろお試し頂ければ、楽しいディスクをお作り頂けると思います。

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 未分類 パーマリンク