VRモード録画をDVDビデオモードに変換してコピーについて


■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮

思い出ラボ あめみやです。

今日のお客様からのご質問は、VRモードで録画してあるDVDをビデオモードに変換してコピーしてもらえないか?でした。内容はホームビデオだそうです。
VRモードとビデオモードの違いは、VRモードですとBS・地デジ番組などデジタル番組が録画できますが、VRモードに対応していない再生機では再生ができません。パソコンはVRモードに対応していないものが多いです。

少し前に販売されていた、DVDプレーヤーも対応していない機種があります。
これらの再生機にDVDを入れても、いつまでもディスクが回っているだけで再生できなかったり、再生できませんと止まってしまいます。
ビデオモードは、ほとんどの再生機で再生できます。地デジ放送などデジタル録画されているものは録画できません。
地デジ番組を録画したレコーダーから、DVDへコピーしようとしますとCPRM対応のディスクを入れて下さいと出て、自動的にVRモードでコピーされます。
それをパソコンで見ようとすると、再生できないことが多いのです。
ホームビデオでも、デジカメやビデオカメラで撮影したSDカードからDVD・ブルーレイレコーダーにコピーしたものをDVDディスクにコピーしようとしますと、同じようにVRモードでコピーされてしまうことがあります。
このDVDをいただいた方が、パソコンで再生しようとしますと、再生できませんとなってしまうことがあります。

このように変換してのコピーのご注文はよくあります。
変換してのコピーは、一つの機械の中で変換ダビングしますので、画質の落ちは少ないですが、コピーして新しいDVDを作る時間は録画時間より長く必要です。
このようなご注文は、コピーではなく変換ダビングとしてお受付させて頂いています。
コピーよりは時間が必要で、料金も少し高くなってしまいます。
録画されているはずのDVDが再生できない時は、お問い合わせください。

今回の思い出写真は、4月3日に浅草の浅草寺に行って来ました。
この日は、風が強くせっかくの桜がかなり散ってしまっていました。
浅草寺の奥に平成中村座の小屋ができていました。裏にも回れたので舞台に使う建物の大道具が裏から見られました。
いつもは入れない伝法院にも入れました。庭の池越しに五重塔が見られましたが、こちらの桜は、ほとんど散ってしまっていました。

伝法院

平成中村座

平成中村座と桜

舞台裏

■ビデオダビングやコピー、写真データ化の思い出ラボ 雨宮


カテゴリー: 日常 パーマリンク